第2回にじいろシネマ 『出櫃(カミングアウト)- 中国 LGBTの叫び』

レインボーさいたまの会は、令和3年度さいたま市男女共同参画推進センター公募型共催事業として「にじいろシネマ」(4回シリーズ)を開催しています。

 「にじいろシネマ」は、LGBTをテーマとした映画鑑賞会です。第2回は2019年東京ドキュメンタリー映画祭短編部門グランプリを受賞した『出櫃(カミングアウト)―中国 LGBTの叫び』を上映します。

 上映後には、房満満監督のお話や参加者同士で感想を共有し、映画が問いかけるテーマについて理解を深めることを目指します。映画を通じて性的少数者に関する課題に接し、かれらの問題を「自分ごと」として捉えることを目標とします。性的少数者を取り巻く社会問題だけではなく、よりよい地域社会をつくることに関心のあるみなさまのご参加をお待ちしています。

<上映作品>
日時:8月21日(土)14:30〜  オンライン開催
 『出櫃(カミングアウト)―中国 LGBTの叫び』

監督 房満満(2019年製作/54分/日本/ドキュメンタリー)
※上映後、房満満監督を招いたトークセッションを予定しています。

公式ウェブサイト http://www.pan-dora.co.jp/comingout/
お申し込みURL   https://nijiirocinema-210821.peatix.com/

<参加費>
割引前売りチケット
一般:1200円
学生割引:600円
障がい者割引:600円
レインボーさいたまの会会員:1000円

当日チケット(当日正午までのお申込み)
1500円(区分の設定はありません)

*第2回にじいろシネマは、オンラインで実施します。(第3回の上映方法については、社会情勢を鑑み、1ヶ月前までに当会ホームページ・SNS等でご案内します。)